パステル調ハイキーの限界

ポートレートによくあるパステル調ハイキー写真は、欧米では好まれない。

欧米のアート系写真サイトがローキーばかりなのは、明度や彩度に対する美的感覚が、気候や風土に関係しているからである。

空気が乾燥している欧米では、水分による光の拡散が少なく光が硬いため、欧米人は陰影の強い写真にリアリティーを感じる。

さらに、ヨーロッパでは日射量が少ないので、自然は鮮やかではない。その環境に住む人は鮮やかさを抑えたニュアンスのある色がを好み、パステル調ハイキー写真は、稚拙に感じるだろう。

中国南部や東南アジアなどの東洋は、日射量があり湿度は高いので、鮮やかで陰影の少ないパステル調ハイキー写真が好まれ、色味を抑えたローキー写真は、 陰欝に感じるだろう。

日本人の好みといえば、気候や風土にワビやサビの文化が加わって、東洋と西欧の間を揺れているように思う。


0コメント

  • 1000 / 1000